• 南米・Jリーグ・欧州で戦ってきた松原良香の現在地 Vol.4
    Jリーグではジュビロ磐田を皮切りに複数のチームで活躍し、ウルグアイ・クロアチア・スイスでもプレー経験のある松原良香さん。「国内外でどんなキャリアを歩んできたのか?そして現在はどのような活動をされているのか?」じっくり聞かせて頂いた。
    もっと読む
  • 南米・Jリーグ・欧州で戦ってきた松原良香の現在地 Vol.3
    Jリーグではジュビロ磐田を皮切りに複数のチームで活躍し、ウルグアイ・クロアチア・スイスでもプレー経験のある松原良香さん。「国内外でどんなキャリアを歩んできたのか?そして現在はどのような活動をされているのか?」じっくり聞かせて頂いた。
    もっと読む
  • 「刺激がない」とZERO1・田中将斗に噛み付いた坂口征夫が 至宝奪回を目指す【4.12 新宿FACE】
    3月の後楽園ホール大会、他団体に流出しているDDT最高峰のベルト「KO-D無差別級王座」を取り戻すべく、DDTプロレス・竹下幸之介はZERO1・田中将斗と一騎打ちに挑んだが、あえなく敗れ、至宝奪回はならなかった。 勝ち名乗りを受ける田中の前に現れたのが、坂口征夫。4月12日に新宿FACEにて行われるノーピープルTVマッチで田中と対戦する。その戦いを前に、DDTプロレスリングの坂口征夫に話を聞いた。
    もっと読む
  • “世界の荒鷲”坂口征二を父に持つ、坂口征夫。 紆余曲折の末 たどり着いたプロレスのリング【4月12日新宿FACE】
    3月の後楽園ホール大会、他団体に流出しているDDT最高峰のベルトKO-D無差別級王座を取り戻すべく、DDTプロレスの“最後の砦”竹下幸之介はZERO1・田中将斗と一騎打ちに挑むも、奮闘むなしく敗退。試合後に勝ち名乗りを受ける田中の前に現れたのは、坂口征夫だった。デビュー8年目の坂口が4月12日新宿FACEで至宝ベルト奪還へ。その大事な戦いを前にDDTプロレスリングの坂口に話を聞いた。
    もっと読む
  • 南米・Jリーグ・欧州で戦ってきた松原良香の現在地 Vol.2
    Jリーグではジュビロ磐田を皮切りに複数のチームで活躍し、ウルグアイ・クロアチア・スイスでもプレー経験のある松原良香さん。「国内外でどんなキャリアを歩んできたのか?そして現在はどのような活動をされているのか?」じっくり聞かせて頂いた。
    もっと読む
  • 南米・Jリーグ・欧州で戦ってきた松原良香の現在地 Vol.1
    Jリーグではジュビロ磐田を皮切りに複数のチームで活躍し、ウルグアイ・クロアチア・スイスでもプレー経験のある松原良香さん。「国内外でどんなキャリアを歩んできたのか?そして現在はどのような活動をされているのか?」じっくり聞かせて頂いた。
    もっと読む
  • DDTプロレスの“最後の砦”竹下幸之介。他団体に流失したベルト奪還に向け、ZERO1・田中将斗と一騎打ちへ(後編)【3・20 後楽園ホール】
    「文化系プロレス」として、プロレスの概念を吹き飛ばす発想でファンを魅了し続ける団体「DDTプロレスリング」。昨年末、DDTではシングルマッチのリーグ戦「D王 GRAND PRIX」が行われ、ZERO1の田中将斗が優勝。続く1月26日の後楽園ホールではHARASHIMAを破り、DDT最高峰のベルトKO-D無差別級王座を獲得した。2月23日にはMAOが田中に挑んだが、善戦むなしく敗退。DDTの“最後の砦”として、3月20日の後楽園ホール、竹下幸之介がベルト奪還に臨む。その戦いを直前に控えた今、DDTの竹下幸之介に話を伺った。
    もっと読む
  • DDTプロレスの“最後の砦”竹下幸之介。他団体に流失したベルト奪還に向け、ZERO1・田中将斗と一騎打ちへ(前編)【3・20 後楽園ホール】
    「文化系プロレス」として、プロレスの概念を吹き飛ばす発想でファンを魅了し続ける団体「DDTプロレスリング」。昨年末、DDTではシングルマッチのリーグ戦「D王 GRAND PRIX」が行われ、ZERO1の田中将斗が優勝。続く1月26日の後楽園ホールではHARASHIMAを破り、DDT最高峰のベルトKO-D無差別級王座を獲得した。2月23日にはMAOが田中に挑んだが、善戦むなしく敗退。DDTの“最後の砦”として、3月20日の後楽園ホール、竹下幸之介がベルト奪還に臨む。その戦いを直前に控えた今、DDTの竹下幸之介に話を伺った。
    もっと読む
  • 2020 東京五輪注目競技! 7 人制ラグビーって、どんなスポーツ? 「15 人制よりも 7 人制が普及している国とは。」
    2020 年東京オリンピック正式競技の 1 つ、「7 人制ラグビー」。日本代表として最多出場記 録を持つ、「ミスターセブンズ」坂井克行選手が、この競技について語る本連載。第 2 回目の今回は、世界における普及、プレースタイル、「外国人」選手など、世界の 7 人制ラグビ ー事情について、坂井選手にご説明頂きました。
    もっと読む
  • 2020 東京五輪注目競技! 7 人制ラグビーって、どんなスポーツ? 「究極の鬼ごっこ」
    2019 年、自国開催のワールドカップでベスト 8 進出の快挙を成し遂げた、ラグビー日本代表。チームスローガンの「ONE TEAM」が2019年の流行語大賞に選ばれ、巷に「にわかファン」があふれるなど、日本はかつてないラグビー熱に包まれています。来る夏に開催される東京オリンピックでは、7 月 27 日から 8 月 1 日にかけての 6 日間、もう 1 つのラグビー「7 人制ラグビー」が行われます。一般には馴染みの薄いこの競技。その日本代表として最多出場記録を持つ、「ミスターセブンズ」坂井克行選手に、その見どころを語って頂き ました。
    もっと読む
  • 英雄たちが愛した歴史的グローブ「美津濃赤カップの箱入り未使用編」
    今年に入って我々世代の野球界の英雄が相次いで天国へ召されてしまいました。何とも言えない寂しさを感じます。その世代の英雄がこぞって使っていたグローブについて、紐解いていきます。
    もっと読む
  • 偶然の連続でビジャのパートナーに(Vol.3)
    ヴィッセル神戸で引退したばかりのダビド・ビジャが経営し、世界6カ国、7都市に展開している DV7 Soccer Academy。7ヶ国目となる日本校が今春にスタートする。その経緯を日本におけるビジャのパートナーとなった、So Good Groupの小野壮彦氏と三宅亮輔氏に聞いた。
    もっと読む
  • 偶然の連続でビジャのパートナーに(Vol.2)
    ヴィッセル神戸で引退したばかりのダビド・ビジャが経営し、世界6カ国、7都市に展開している DV7 Soccer Academy。7ヶ国目となる日本校が今春にスタートする。その経緯を日本におけるビジャのパートナーとなった、So Good Groupの小野壮彦氏と三宅亮輔氏に聞いた。
    もっと読む
  • 元体育会ソッカー部な国会議員!元榮太一郎(参議院議員&弁護士ドットコム株式会社 代表取締役会長)のJリーグを世界一のリーグへ 「第3回:仲山考材(株)代表取締役&楽天大学 学長 仲山進也 Vol.6」
    1993年当時のJリーグと同時期にスタートしたイングランドのプレミアリーグの市場価値は1対1であった。しかし、現在ではかなりの差をつけられている。「どうすればJリーグがプレミアリーグに追いつくほど盛り上がるのか?サッカーに携わる方々の待遇がより良くなるのか?」そんな課題に対して、元体育会ソッカー部の元榮太一郎が動いた。サッカー関係者から話を聞き、実行に移していく新企画。第3弾は仲山考材株式会社代表取締役&楽天大学学長の仲山進也氏との対談である。進行役はKING GEARの発起人である金子達仁が務めた。
    もっと読む
  • 偶然の連続でビジャのパートナーに(Vol.1)
    ヴィッセル神戸で引退したばかりのダビド・ビジャが経営し、世界6カ国、7都市に展開している DV7 Soccer Academy。7ヶ国目となる日本校が今春にスタートする。その経緯を日本におけるビジャのパートナーとなった、So Good Groupの小野壮彦氏と三宅亮輔氏に聞いた。
    もっと読む
  • 元体育会ソッカー部な国会議員!元榮太一郎(参議院議員&弁護士ドットコム株式会社 代表取締役会長)のJリーグを世界一のリーグへ 「第3回:仲山考材(株)代表取締役&楽天大学 学長 仲山進也 Vol.5」
    1993年当時のJリーグと同時期にスタートしたイングランドのプレミアリーグの市場価値は1対1であった。しかし、現在ではかなりの差をつけられている。「どうすればJリーグがプレミアリーグに追いつくほど盛り上がるのか?サッカーに携わる方々の待遇がより良くなるのか?」そんな課題に対して、元体育会ソッカー部の元榮太一郎が動いた。サッカー関係者から話を聞き、実行に移していく新企画。第3弾は仲山考材株式会社代表取締役&楽天大学学長の仲山進也氏との対談である。進行役はKING GEARの発起人である金子達仁が務めた。
    もっと読む
  • 元体育会ソッカー部な国会議員!元榮太一郎(参議院議員&弁護士ドットコム株式会社 代表取締役会長)のJリーグを世界一のリーグへ 「第3回:仲山考材(株)代表取締役&楽天大学 学長 仲山進也 Vol.4」
    1993年当時のJリーグと同時期にスタートしたイングランドのプレミアリーグの市場価値は1対1であった。しかし、現在ではかなりの差をつけられている。「どうすればJリーグがプレミアリーグに追いつくほど盛り上がるのか?サッカーに携わる方々の待遇がより良くなるのか?」そんな課題に対して、元体育会ソッカー部の元榮太一郎が動いた。サッカー関係者から話を聞き、実行に移していく新企画。第3弾は仲山考材株式会社代表取締役&楽天大学学長の仲山進也氏との対談である。進行役はKING GEARの発起人である金子達仁が務めた。
    もっと読む
  • 安西幸輝がポルトガルに渡った理由を語る vol.3「W杯は小さい頃からの夢だし絶対に出たい」
    2019年7月からポルトガル1部のポルティモネンセSCでプレーをする日本代表の安西幸輝選手(24歳)。育成年代を東京ヴェルディで過ごし、プロサッカー選手として東京ヴェルディ、鹿島アントラーズでプレーし、2019年3月から日本代表にも選出されている。最終話となる今回、W杯出場への熱い想いを語っていただいた。
    もっと読む
  • 元体育会ソッカー部な国会議員!元榮太一郎(参議院議員&弁護士ドットコム株式会社 代表取締役会長)のJリーグを世界一のリーグへ 「第3回:仲山考材(株)代表取締役&楽天大学 学長 仲山進也 Vol.3」
    1993年当時のJリーグと同時期にスタートしたイングランドのプレミアリーグの市場価値は1対1であった。しかし、現在ではかなりの差をつけられている。「どうすればJリーグがプレミアリーグに追いつくほど盛り上がるのか?サッカーに携わる方々の待遇がより良くなるのか?」そんな課題に対して、元体育会ソッカー部の元榮太一郎が動いた。サッカー関係者から話を聞き、実行に移していく新企画。第3弾は仲山考材株式会社代表取締役&楽天大学学長の仲山進也氏との対談である。進行役はKING GEARの発起人である金子達仁が務めた。
    もっと読む
  • 元体育会ソッカー部な国会議員!元榮太一郎(参議院議員&弁護士ドットコム株式会社 代表取締役会長)のJリーグを世界一のリーグへ 「第3回:仲山考材(株)代表取締役&楽天大学 学長 仲山進也 Vol.2」
    1993年当時のJリーグと同時期にスタートしたイングランドのプレミアリーグの市場価値は1対1であった。しかし、現在ではかなりの差をつけられている。「どうすればJリーグがプレミアリーグに追いつくほど盛り上がるのか?サッカーに携わる方々の待遇がより良くなるのか?」そんな課題に対して、元体育会ソッカー部の元榮太一郎が動いた。サッカー関係者から話を聞き、実行に移していく新企画。第3弾は仲山考材株式会社代表取締役&楽天大学学長の仲山進也氏との対談である。進行役はKING GEARの発起人である金子達仁が務めた。
    もっと読む
  • 森本稀哲氏と米野智人氏がトークショーを開催「パフォーマンス」など現役時代の想い出を語る
    元プロ野球選手の森本稀哲さんと米野智人さんのトークショーが、WACCA池袋で開催された。イベントMCを担当された米野さんが「笑顔で帰れるトークショーにしたい」という意向もあって実現した今回のイベント。お二人が一緒にプレーされた埼玉西武ライオンズでの2年間を始め、選手時代のエピソードや、最近ではYouTubeの番組を開設するなどの森本さんの現在の日々などが語られた。
    もっと読む
  • 元体育会ソッカー部な国会議員!元榮太一郎(参議院議員&弁護士ドットコム株式会社 代表取締役会長)のJリーグを世界一のリーグへ 「第3回:仲山考材(株)代表取締役&楽天大学 学長 仲山進也 Vol.1」
    1993年当時のJリーグと同時期にスタートしたイングランドのプレミアリーグの市場価値は1対1であった。しかし、現在ではかなりの差をつけられている。「どうすればJリーグがプレミアリーグに追いつくほど盛り上がるのか?サッカーに携わる方々の待遇がより良くなるのか?」そんな課題に対して、元体育会ソッカー部の元榮太一郎が動いた。サッカー関係者から話を聞き、実行に移していく新企画。第3弾は仲山考材株式会社代表取締役&楽天大学学長の仲山進也氏との対談である。進行役はKING GEARの発起人である金子達仁が務めた。
    もっと読む
  • メッシやクリスティアーノ・ロナウドだけじゃない。自分たちのスーパースターを忘れるな!
    今の若い世代にマラドーナやクライフの凄さを語ってもなかなか伝わらない。みんなが当時のスターを忘れる前に「彼らへのリスペクトと、知らない世代の人たちが興味をもつきっかけになれば」という想いからノスタルジックコレクションを作った植田朝日さんに話を聞かせて頂いた。
    もっと読む
  • 安西幸輝がポルトガルに渡った理由を語る vol.2「プレースタイルは推進力を出して味方と絡んでいくこと」
    2019年7月からポルトガル1部のポルティモネンセSCでプレーをする日本代表の安西幸輝選手(24歳)。育成年代を東京ヴェルディで過ごし、プロサッカー選手として東京ヴェルディ、鹿島アントラーズでプレーし、2019年3月から日本代表にも選出されている。今、大注目の安西選手に、サイドDFの魅力などを熱く語ってもらった。
    もっと読む
  • 英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.41「三浦知良選手がスフィーダを履いた日」 編
    今シーズンは三浦知良(カズ)選手が再びJ1のピッチへ戻ってこられます。カズ選手は今更説明の必要もない日本が誇るサッカー界の生ける伝説です。使用スパイクについても様々なことが語られていると思いますが、そう言えばあのモデルを使われ始めた時期っていつだっけ?という素朴な疑問が湧いたので、調べてみました。
    もっと読む

Latest Contents

最新のコンテンツ