• 元体育会ソッカー部な国会議員!元榮太一郎(参議院議員&弁護士ドットコム株式会社 代表取締役会長)のJリーグを世界一のリーグへ 「エピソードゼロ:金子達仁(KING GEAR発起人) Vol.2 」
    今企画の第1回目には横浜FCの上尾和大社長に話を聞かせて頂いた。その後もサッカー関係者に話を聞かせて頂いている。その記事を掲載する前に「なぜこの企画を始めたのか?」そもそもの理由をKING GEAR発起人の金子達仁とエピソードゼロとして語って頂いた。
    もっと読む
  • 元体育会ソッカー部な国会議員!元榮太一郎(参議院議員&弁護士ドットコム株式会社 代表取締役会長)のJリーグを世界一のリーグへ 「エピソードゼロ:金子達仁(KING GEAR発起人) Vol.1 」
    今企画の第1回目には横浜FCの上尾和大社長に話を聞かせて頂いた。その後もサッカー関係者に話を聞かせて頂いている。その記事を掲載する前に「なぜこの企画を始めたのか?」そもそもの理由をKING GEAR発起人の金子達仁とエピソードゼロとして語って頂いた。
    もっと読む
  • eyeron(Sonar Pocket)がミズノの新ランニングシューズ「WAVE RIDER 23」を履いてマジで走る!
    月間走行距離、最低400km。フルマラソン日本最速のアーティストとして知られるSonar Pocket のヴォーカルeyeronが、ミズノのランニングシューズ「WAVE RIDER(ウエーブライダー) 23」の試し履き会に登場した。(画像右:内野雅貴コーチ)
    もっと読む
  • 株式会社わかさ生活の社長が語る女子プロ野球とeスポーツの理想的未来予想図 vol.2 『経営者のプライドがありまして、赤字のまま終わるのは良くない』
    『ブルーベリーアイ』と女子プロ野球を生み出した株式会社わかさ生活の社長 ⻆谷建耀知(かくたにけんいち)氏。女子プロ野球発展のために2009年に掲げた10年計画の10年目を迎えた今、どれほど理想に近づけているのか。それともまだまだ課題はあるのか。シリーズ第2回はそんな女子プロ野球がこれから進むべき方向性を角谷氏に話していただいた。
    もっと読む
  • 株式会社わかさ生活の社長が語る女子プロ野球とeスポーツの理想的未来予想図 vol.1 『サプリメント会社の社長がなぜ女子プロ野球を創ったのか』
    CMでお馴染みの『ブルーベリーアイ』を世に出した株式会社わかさ生活の社長 ⻆谷建耀知(かくたにけんいち)氏。彼のもう一つの肩書が女子プロ野球創設者であることをご存知だろうか。サプリメント会社の社長がなぜ女子プロ野球を創ったのか。その経緯や女子野球の課題と将来、更にはブルーベリーアイで支えるeスポーツについて語ってもらった内容を3回に分けでお届けする。
    もっと読む
  • バスケットボール界の鉄人・折茂武彦が受け入れてきた変化(後編)
    2019年1月、一人の男によって、日本バスケットボール界に1つの金字塔が打ち立てられた。レバンガ北海道に所属する折茂武彦が、国内トップリーグで通算1万得点を達成したのだ。 日本バスケットボール界が誇る鉄人は、現役最年長選手でありながら、所属するレバンガ北海道の代表取締役社長を務めるという、超異色のアスリートでもある。これまでの26年間、日本のトップリーグで活躍してきた折茂だが、常に順風満帆だったわけではない。年齢による衰えを受け入れ、時代の流れによる変化を受け入れながら、26年という長いキャリアを歩んできた。前編では、折茂がプロ選手になるまでを振り返ったが、後編では、選手でありながら経営者となった経緯や、オリンピックのこと、これからの現役生活のことを伺った。
    もっと読む
  • バスケットボール界の鉄人・折茂武彦が受け入れてきた変化(前編)
    2019年1月、一人の男によって、日本バスケットボール界に1つの金字塔が打ち立てられた。レバンガ北海道に所属する折茂武彦(49)が、国内トップリーグで通算1万得点を達成したのだ。 日本バスケットボール界が誇る鉄人は、現役最年長選手でありながら、所属するレバンガ北海道のクラブ運営会社の代表取締役社長を務めるという、超異色のアスリートでもある。これまでの26年間、日本のトップリーグで活躍してきた折茂だが、常に順風満帆だったわけではない。年齢による衰えを受け入れ、時代の流れによる変化を受け入れながら、26年という長いキャリアを歩んできた。そんな折茂のこれまでを振り返ってみたい。
    もっと読む
  • niko and ...がJリーグ39クラブとコラボTシャツを作った理由
    昨年に引き続き今年も「JリーグデザインコラボTシャツ」が8月9日より発売された。今年のコラボはJ1とJ2合わせて39クラブとなり、昨年より6クラブ増えた。ファッションからJリーグや地域を盛り上げようという素晴らしい企画だ。今年のコラボ企画のコンセプトなどを聞かせてもらった。
    もっと読む
  • バスケットの楽しさと、その土地の魅力を伝えたい。元日本代表・渡邉拓馬の、競技普及プロジェクトにかける想い【八丈島バスケクリニック密着レポート】
    東京・羽田空港から直行便でわずか55分で到着する伊豆諸島の島「八丈島」に、かつて5人制バスケで日の丸を背負った“名シューター”が降り立った。長らく「トヨタ自動車アルバルク(現・アルバルク東京)」などで活躍した、渡邉拓馬さん。現在は戦うフィールドを3人制バスケ「3x3」に移し、東京・品川を拠点とする『NATUREMADE.EXE(ネイチャーメイド ドットエグゼ)』の一員としてプレーしている。その一方で、競技の普及・発展活動を行っている渡邉さんは、6月からバスケットボールクリニックの“新プロジェクト”を始動。今回はその活動に密着し、八丈島で行われたプロジェクトの模様をレポートとしてお届けする。
    もっと読む
  • 本田圭佑選手や吉田麻也選手が着用しているレビュラ3を履いて本気でサッカーをしてみた!
    トッププレイヤーが着用しているミズノのレビュラ3。どのくらい良いシューズなのか実際に試す機会がやってきた!レビュラ3を履いて本気でプレーしてみた。
    もっと読む
  • 小島よしおが今1番伝えたいことvol.5「日本の農作物を応援していきたい」
    「そんなの関係ねぇ!おっぱっぴー!」、「おならが出ちゃった。ぷぅ~」など、鍛え上げた肉体を武器に数々の衝撃的ギャグを世に放つ小島よしお(38歳・サンミュージック所属)。最終回では、新ネタの作り方と今後の野望について教えていただいた。
    もっと読む
  • シント=トロイデンVVの今季のユニフォームは「アンブロ」×「BEAMS」のコラボレーション!
    英国発祥、日本で企画・開発を行うフットボールブランドである『アンブロ』と日本のセレクトショップである『BEAMS』。メイド・イン・ジャパンの強力タッグにより作成された今季のユニフォームに注目だ。
    もっと読む
  • 「すべての試合に勝つのが哲学」マンチェスター・シティーのレジェンド ポール・ディコフ氏&波戸康広氏によるトークセッションが実現
    今シーズン、プレミアリーグ3連覇を目指すマンチェスター・シティーが、日産スタジアムで行われた「EUROJAPANCUP」参加のため初来日。 横浜F・マリノスとの試合が行われる7月27日、横浜の日産グローバル本社ギャラリーにて、マンチェスター・シティーのレジェンド選手のポール・ディコフ氏と、横浜F・マリノスのアンバサダー波戸康広氏によるトークセッションが行われた。
    もっと読む
  • アニメ 『 ONE PIECE 』 コラボレーションスニーカー 「CELL ENDURA ONE PIECE」 PUMA の 90 年代を代表するモデルが海賊船「サウザンドサニー号」 に
    プーマから、大人気アニメ「ONE PIECE (ワンピース)」と初のコラボレーションスニーカー「CELL ENDURA ONEPIECE (セル エンデューラ ワンピース)」が登場。 劇場版「ワンピース スタンピード」公開日同様、2019年8月9(金)に発売いたします。
    もっと読む
  • プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティーが初来日! 主力3選手が語る日本の印象は? 
    シーズン終盤までもつれる壮絶なデットヒートを制し、プレミアリーグ王者の栄冠を勝ち取ったマンチェスター・シティーが、「EUROJAPAN CUP」(27日日産スタジアム)参加のため、初来日を果たした。 横浜F・マリノスとの試合を控えた26日には、東京銀座のNISSAN CROSSINGで、「NISSAN ×MCFC Coming to Japan」が開催され、熱心なサポーターを前に、主力3選手によるトークショーなどが行われた。
    もっと読む
  • 小島よしおが今1番伝えたいことvol.4「常に新しい何かをやらないといけない」
    「そんなの関係ねぇ!おっぱっぴー!」、「おならが出ちゃった。ぷぅ~」など、鍛え上げた肉体を武器に数々の衝撃的ギャグを世に放つ小島よしお(38歳・サンミュージック所属)。子供たちの間で大人気となっている小島よしおは、今後のプランをどのように考えているのだろうか?じっくりと話していただいた。
    もっと読む
  • 「日本サッカー界に伝えたい世界挑戦のビジョン」~シント=トロイデンVVの経営を通して~ 後編
    いよいよ開幕したベルギーリーグ。シント=トロイデンVVにはシュミット・ダニエルや鈴木優磨などの新戦力が加入し、今年も楽しみなチームである。そのシント=トロイデンVVは、若い世代の挑戦の場を提供するという理念を掲げており、それは選手にとどまらず、スポーツスタッフ、ビジネススタッフも同様である。日本サッカー界から生まれた人材を受け入れ育てることで、いつかその経験や人材を日本に還元したい。シント=トロイデンVVの経営を通して、日本サッカー界に伝えたい世界挑戦のビジョンを聞かせて頂いた。
    もっと読む
  • 令和の日本サッカー界を盛り上げる、未来のスターに聞く! ガンバユース選手インタビュー
    令和時代を迎え、日本サッカー界にも新たな世代交代の風が吹き始めています。 Jリーグ誕生時から、クラブユースの中で選手育成面や多くの大会で実績を上げているガンバ大阪ユースで今後の活躍が期待されている3選手、久保賢侑選手・大谷優斗選手・久保勇大選手のインタビューを実施しました。これまでのキャリア、スパイクへのこだわり、自身の目標などを語っていただきました。 ※左から:久保勇大選手、大谷優斗選手、久保賢侑選手
    もっと読む
  • 「日本サッカー界に伝えたい世界挑戦のビジョン」~シント=トロイデンVVの経営を通して~ 前編
    いよいよ開幕したベルギーリーグ。シント=トロイデンVVにはシュミット・ダニエルや鈴木優磨などの新戦力が加入し、今年も楽しみなチームである。そのシント=トロイデンVVは、若い世代の挑戦の場を提供するという理念を掲げており、それは選手にとどまらず、スポーツスタッフ、ビジネススタッフも同様である。日本サッカー界から生まれた人材を受け入れ育てることで、いつかその経験や人材を日本に還元したい。シント=トロイデンVVの経営を通して、日本サッカー界に伝えたい世界挑戦のビジョンを聞かせて頂いた。
    もっと読む
  • 「ラ・リーガ公式アイコンにイニエスタが就任!」~エトオ、北澤豪、澤穂希、ナオト・インティライミなど豪華メンバーも参加~
    ラ・リーガ(スペインのプロサッカーリーグ)は、7月22日に神田明神ホールにて「アンドレス・イニエスタ ラ・リーガ公式アイコン就任発表会」を開催。イニエスタの盟友エトオを加え、日本サッカー界のレジェンド北澤豪、澤穂希、エンターテイメント界からナオト・インティライミら豪華メンバーが集結した。
    もっと読む
  • 小島よしおが今1番伝えたいことvol.3 「紙芝居で子供達と触れ合うことができる」
    「そんなの関係ねぇ!おっぱっぴー!」、「おならが出ちゃった。ぷぅ~」など、鍛え上げた肉体を武器に数々の衝撃的ギャグを世に放つ小島よしお(38歳・サンミュージック所属)。今回は、目の前で強烈ギャグを披露し、紙芝居への想いについて熱く語っていただいた。
    もっと読む
  • 中田英寿、近賀ゆかり、大林素子らがパラ競技を体験!〜パラアスリートとの交流で生まれた新たな"絆”〜【HEROs PARA-SPORTS DAY 2019】
    アスリートによる社会貢献活動プロジェクト「日本財団HEROs」は、健常者アスリートがパラリンピアンと一緒にパラスポーツを体験するイベント「HEROs PARA-SPORTS DAY 2019」を7月8日、日本財団パラアリーナで開催した。同イベントには、サッカー元日本代表の中田英寿さん、元なでしこジャパンの近賀ゆかり選手、元女子バレーボール代表の大林素子さんらが参加。パラリンピック正式種目のシッティングバレー(座った姿勢で行うバレーボール)や、ゴールボール(アイマスクを着用し、鈴入りボールを投げ合う競技)など計4種目を行い、慣れない動きに苦戦しながらもパラ競技を楽しんだ。
    もっと読む
  • 小島よしおが今1番伝えたいことvol.2「沿道からの声援に応えながら走れる体力をつけたい」
    「そんなの関係ねぇ!おっぱっぴー!」、「おならが出ちゃった。ぷぅ~」など、鍛え上げた肉体を武器に数々の衝撃的ギャグを世に放つ小島よしお(38歳・サンミュージック所属)。vol.1では、子供向けに絵本の読み聞かせをするエピソードや人気ギャグについての話題となった。今回は、全身を鍛える理由と子供向けの営業について触れていただいた。
    もっと読む
  • 小島よしおが今1番伝えたいことvol.1「子供が朝起きて、元気になってから家を出る行動を追う」
    「そんなの関係ねぇ!おっぱっぴー!」、「おならが出ちゃった。ぷぅ~」など、鍛え上げた肉体を武器に数々の衝撃的ギャグを世に放つ小島よしお(38歳・サンミュージック所属)。現在、子供たちに向けた活動など多岐に渡り活躍の場を広げている。小島よしおに、様々な経験を経て辿り着いた、その胸中を語っていただいた。
    もっと読む
  • 元体育会ソッカー部な国会議員!元榮太一郎(参議院議員&弁護士ドットコム株式会社 代表取締役会長)のJリーグを世界一のリーグへ 「第1回:株式会社横浜フリエスポーツクラブ代表取締役COO 上尾和大 Vol.5」
    1993年当時のJリーグと同時期にスタートしたイングランドのプレミアリーグの市場価値は1対1であった。しかし、現在ではかなりの差をつけられている。「どうすればJリーグがプレミアリーグに追いつくほど盛り上がるのか?サッカーに携わる方々の待遇がより良くなるのか?」そんな課題に対して、元体育会ソッカー部の元榮太一郎が動いた。サッカー関係者から話を聞き、実行に移していく新企画。第1弾はJ2リーグに所属する横浜FCの上尾和大社長との対談である。進行役はKING GEARの発起人である金子達仁が務めた。
    もっと読む

Latest Contents

最新のコンテンツ